ルポ 改憲潮流

 小林節・慶應義塾大学教授の言葉が想起された。
 「自民党の二世,三世たちというのは,1億3000万人の国民が残るなら,3000人の部隊の消耗は必要コストのうちだという,こういう感覚があるんだよ。間違って侵略戦争をする方が,侵略されて滅びるよりいい,とかね。どこまでも自分は死なない,ゲーム感覚なんですね。」

出版社岩波新書
発行年2006年

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です