エリック・ホッファー自伝

 自己欺瞞なくして希望はないが,勇気は理性的で,あるがままにものを見る。希望は損なわれやすいが,勇気の寿命は長い。希望に胸膨らませて困難なことにとりかかるのはたやすいが,それをやり遂げるには勇気がいる。闘いに勝ち,大陸を耕し,国を建設するには,勇気が必要だ。絶望的な状況を勇気によって克服するとき,人間は最高の存在になるのである。

出版社作品社
発行年2002年

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です